2014年11月18日 / 庭いじり

以前、建売の住宅を購入した時、敷地のはじの部分に、1メートル四方もないサツキの植木が生えていました。
そこを、毎年、普通のハサミで丸くカットします。
それが面白くて面白くて、「植木用のはさみがないとできない」という既成の概念を取り払うと、
使っているはさみでもきれいにカットできるのです。

100円ショップには何でもうっているので、はさみがだめになってもすぐに買うことができるので、何でも使います。
さらに、アイビーを100円ショップで買ってきて植えました。育つと挿し木をし、植えていきました。
途中、子供が学校から持ってきた、チューリップを植えました。
このチューリプが頑張っていて、枯れては咲き、枯れてはさきともう6年もさきつづけています。
元気をもらっています。子供が学校で育てた様子が浮かびます。思い出の詰まったお花です。

ところが、駐車場にデザインされた十文字の溝に植えられた、玉竜は、あまり育つことはありません。
特に、家の近くの部分は水分不足なのか枯れてしまいます。何か別のもので対策を立てないといけません。

また、気を付けなければならないのが、アイビーです、葉の裏にまだにがびっしりといて恐ろしくなりました。

アーカイブ

カテゴリー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

TOPへ戻る